おんなじヘルシー受診でも会社によってこれ程違う

46歳でキャリアし現役についている。前の店でも体診断は受けていましたが1時間くらいでした。転職した会社で体診断は医者は違えどおんなじかと思っていました。ところがこちらは2チャンスくらいかかり、前の会社ではなかった情報がありました。それは胃のX線でしたがその他は決して貫くように思いました。
ところが受けて見ると1階級目に肺が引っかかりました。たまたま無実施性結核で苦痛なかったです。2階級目3階級目と腎臓結石が引っかかり、フィニッシュ医者で執刀しました。4階級目には血圧がひっかかり、近頃薬を飲んでいる。
前の店の体診断は非常に簡単で、問診も無く、結果が送られてきて、アラート要素とかを多々書かれて頂けでした。つまり、そのアラート要素に対し、自分が重要性を判断し医者へ行くか行かないかの決意のみでした。しかし今の体診断は問診で状況を説明してくれて、ここ数年の進行を比較しながら、医者へ行くべきかどうかを医師がアドバイスして貰える。その年度に無視していても来年必ずや引っかかりますからおんなじ教育を受けます。
このように店が変われば体診断も陥るというのはどういうことなのかお尋ねがあります。体診断に対する店の生みだす金額の違いかな?と思ったりする。下半身 ダイエット