就寝中も正しい姿勢を保てているでしょうか?

歩いている時や座っている時など、日頃から正しい姿勢を意識することはとっても大切です。
ですが、寝る時も正しい姿勢を保てていますか?
大切なのは、夢の中に入る直前の姿勢なのです。

ある朝のこと、吉夢を見たせいか今日も良い一日を過ごせそうな気分でした。
そんな気分とは裏腹に、現実は少し残念な有様。
布団はどこかに吹っ飛び、長時間のうつ伏せで、顔もむくみ気味。
幸せな気分が姿勢一つで台無しになりました。
これでは気持ちの良い朝をむかえられない。
ピンチをチャンスに変えるため、寝る直前の姿勢を意識しはじめたのです。

まずは、うつ伏せから横向きに挑戦。
慣れない姿勢に違和感を覚えますが、疲労回復や便の出しやすさの向上、いびきに無呼吸の予防と姿勢を意識するだけで、日頃の悩みが解消し、今まで気づかなかった癖や身体に良い効果を実感しました。

そんなうつ伏せから横向きへと少しずつ姿勢を変えていくこと数日、ついに気持ちの良い朝がやってきました。
あおむけで見える天井、しっかりかかった布団の状態に感動し、姿勢一つで寝相の悪さも直ったのです。

姿勢一つ、意識一つで全てが良い方向へ変わり、睡眠というのは身体を休めることと同時に、長い時間正しい姿勢でいる大切な仕事だと痛感しました。
疲れがとれない、たくさん寝ても眠いのは、姿勢に問題があることを再確認し、寝ても覚めても正しい姿勢を心がけましょう。ミュゼ カウンセリング 予約