あまりにも情報を公開しすぎなのではないでしょうか

お金持ちはいいのでしょうが、例え値上がりしても、人間が食べられる量はかぎりがありますから、家計に響くこともないでしょう。それに、日本の良さを知ってもらうために、たくさん、日本の情報を公開しまくっていることでしょう。
ただし、一般人は、その日本食のおいしさを知られてしまって、食べるものがなくなりつつあるように感じます。だって、お魚も高くなっています。サンマだって、やせたさんましかいないのです。お金持ちは、よいさんまもいただけるので、問題ありません。一般人はやせた臭いさんましか食べられないのです。錯塩からひどいような気がしています。ほかの国に情報が広まってしまったせいでしょう。隠すことも必要ではないでしょうか。何から何まで公表しては、影響をもろに受けるのは、一般人です。サンマも、サケも、マグロまで、食べられないのです。もしかして、回転すしにまで、来られたらもう、長蛇の列で、食べられなくなってしまいますよね。

もともと都会に住んでいるわけでもないですが。

私が住んでいるところは都会でもなければ田舎でもない、そんななかなか便利な場所に住んでいます。
そんな私が初めて島に行ったとき、なんともいえない魅力を感じました。
まず、普段あまり乗ることのない船に乗って向かうところからなんだか冒険に出かけるようなワクワク感があります。
そしてみえてくるのは島。
その島には大きな山があって、その島に行って初めて山っていいな!と思いました。
だからといって山登りしたりするわけではなくて、ただ山をみてるのが好きになりました。
いつも変わらずそこにあって、そして雄大で堂々としていて、そんな山をみてるだけでなぜか勇気が出てきました。
そして島には海があります。
そんな素敵な山があって、見渡せばそこは海!
島のロケーションは最高だと思いました。
なんだか、もともと住んでいるところにはない開放感があるんです。
本当は島だから、逆に考えると船に乗らないと島から出られないわけで、閉じ込められているような気持ちになりそうなのですが、そこには開放感がありました。
やっぱり自分がいいなと思った場所に出かけるとパワーがもらえるので、これからも時々島にいってパワーをチャージしてきたいです。キレイモ vio