ささやかだけど超便利な「アンプルカット」を知っていますか?

小さな大発明ってありますよね。きっと気づかない事も多いんでしょうけど。
ある日、実はすごい発明じゃない?画期的に便利なんだけど!と思ったのは納豆のタレの小さな袋でした。
よく「どこからでも切れます」と書いてあるマジックカットだと、切った時にタレがぴゅっと飛び出したり、切り口から垂れたり、大体手を汚すのであまり同封のタレは使わなかったんですよね。
ですがある日手にしたのは、角を扇形に切り取るタイプの納豆のタレの袋だったんです。切り取り線が入った袋の角をつまんで、やや捻る感じで切るというかちぎる。そうすると綺麗に切れて、手につかなくて、タレが飛び出したりもしない。納豆にもかけやすい。これすごくない?と感動しました。
納豆会社のホームページを見た所、この方式は「アンプルカット」と言うそうです。やっぱり立派な技術だったんですね。開発した方、採用した納豆会社さんに感謝です。こういう、生活に密着した、小さい事をとっても便利にしてくれる技術がもっともっと評価されて、どんどん色んな所で紹介してくれたらいいのにと思いました。